コミュニケーション・ブックKEIAI MAGAZINE!コミュニケーション・ブック KEIAI MAGAZINE!

デザインのケイアイデザインのケイアイ

プロジェクト

プロジェクト

ケイアイスター不動産で行っている様々なプロジェクトを数回に分けて連載していきます。

2017.03.17

花鳥風月(かちょうふうげつ) Vol.2

ケイアイの新築分譲コンセプト物件、「花鳥風月」特集第2弾!
第2回では、設計士が込めたコンセプトの想いについてご紹介していきます。

花鳥風月というコンセプトに込められ想い

日本で昔から愛されている四季を感じながら、
心豊かに過ごすことの喜びを教えてくれる住まいを提案

slide1
日本は世界でまれにみる四季のある国です。

一年を通して春夏秋冬と移り変わっていく中で、様々な季節の行事は日常生活に潤いとリズムを与える役目を果たしてきました。

そして、日本の住居は、暑さ、寒さ、雨、雪、台風などから人を守ると同時に、季節ごとの快適な暮らしを得るため昔から様々な工夫がされてきました。

北は北海道から南は沖縄までそれぞれの土地に合った特徴的な住居がそれを物語っています。

しかし、現代の家には新しい工法や建材、設備機器が導入されているため、季節による外部からの影響が小さくなっています。

かつては特別の日であった季節ごとの行事も、最近では日常の中に取り込まれ、季節そのものを感じる事が少なくなりました。

季節ごとのささやかなうつろいを感じる場がもっと身近にあれば、日常生活もさらに豊かで機微に富んだものとなるのではないか・・・。

そんな想いから生まれたのが【花鳥風月】です。

住まいの至るところに散りばめられた
四季を感じる工夫

slide4
住まいの至る所に四季を感じられるポイント。
花鳥風月には大きく3つあります。

まず一つ目は【ウッドデッキ】

住まいの中にすがすがしい風が通ると室内の空気もきれいになり、とても気持ちがいいものです。

風が通ると夏でも冷房なしで過ごせる時があります。窓を開けることによって、季節ごとに運ばれてくる薫りを楽しむことができます。

きちんと風の通り道を確保し、窓を開放するときちんとお部屋にすがすがしい風が入るよう窓の位置にも工夫がされています。

そして二つ目が【シンボルツリー】

花鳥風月の敷地内にはシンボルツリーが植えられています。

日本で昔から愛されている木々を植えることで、季節を感じることができます。
各住戸のウッドデッキからこのシンボルツリーを眺めることができ、分譲地の象徴となって家族を見守る存在です。

葉の芽吹きや小鳥のさえずり、木々の成長を見守りながら一緒に年月を重ねていく喜びを感じることができます。

最後の三つ目は【対面キッチン】

家族の様子を見守りながら、お庭を眺めながら家事ができる対面キッチン。
全棟南向きのリビングダイニングには温かい光が降り注ぎます。

庭には愛情いっぱいに育てている家庭菜園の野菜たちやシンボルツリーがあり、
お子様がお庭で遊んでいてもキッチンで家事をしながら見守ることもできる環境です。

家族全員が一番ともに過ごす空間はリビングであるからこそ、キッチンにいるママも一緒に家族と楽しく過ごせる空間になるようにと想いが込められています。

このように四季を感じながら生活することができる“花鳥風月”
Vol.3では実際の間取り図を交えながら現地のご紹介をしていきますのでお楽しみに!
【花鳥風月コンセプトページ】

https://ki-group.jp/kcfg/maebashi/